HOME > おつけものまめ知識 > 塩の話
まめ知識メニュー
塩の話
取りすぎは禁物!!
しかし、生命維持には欠かせない存在



 最近では、塩の摂り過ぎによる弊害ばかりが取り立たされています。確かに塩の過剰摂取が高血圧や心臓病、腎臓病などの原因になることは事実ですが、その一方で、塩は体内で、生理的に重要な役割を果たしていることも忘れてはなりません。
 ちなみに汗をなめるとしょっぱい味がするように、人の体内にはかなりの量の塩分が存在します。その量は、大人の場合で体重の0.3〜0.4% 。つまり体重60kgの成人であれば、200g前後の塩分を体内にもっているのです。


 塩の主成分は塩化ナトリウムで体内に吸収されるとナトリウムイオンと塩素イオンとなって、さまざまな生理活性を発揮します。
 このうちナトリウムは、血液などに含まれてその濃度を調節し、体内の浸透圧を適正に保ったり、細胞内外の物質交換をスムーズにするのが、一番大きな役割です。また、神経の刺激伝達を担ったり、カルシウムなどのミネラルが血液中に溶け出すのを防ぐ役割も果たしています。

 一方塩素は胃液の主成分である塩酸の材料となったり、膵液の分泌を促進して消化を助けるほか、他のミネラルとともに、血液のpHを調節するのにも役立っています。
 塩分が不足すると、こうした生理作用に支障をきたしてしまうのですが、生理的に必要な塩分の量は1日当り1gで十分といわれ、通常の食生活をしている限り、不足することはまずありません。
 逆に塩分の過剰摂取を防ぐには、1日当り10g以内にとどめるのが目標です。食品に含まれる塩分が3g程度と考えれば、調味料としての仕様は7g程度に抑えるのが望ましいでしょう。


ところで、現在、調味料として市販されている塩の大半は、海水をイオン交換膜によって濃縮したもので、ほとんど純粋の塩化ナトリウムです。そのため塩気ばかりがきつく、味わいが単調なのが難点です。そこで最近では、昔ながらの方法で作られる自然塩の人気が高まってきました。

 こうした自然塩はミネラルなどを多く含み、旨味やまろやかさに富んでいるのが特徴です。ただ、使用量から考えて、自然塩から各種のミネラルを摂取するのはちょっと無理です。豊富なミネラルは、あくまで味を高める要素だと考えてください。
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ おつけものでおいしいクッキング
おすすめレシピ 自分で作れるお漬物の素はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.