HOME > おつけものまめ知識 > 梅の品種
まめ知識メニュー
梅の品種

梅の種類には、関東に多く見られる白加賀を始め、紀州の南高、豊後、曙、養老、古城、長束、藤五郎、甲州最小など様々で、その品種は300種以上と言われます。

気候、風土により、果肉や皮の厚さ酸味などが微妙に異なるのですが、概して温暖地方の梅は皮が薄く、寒冷地方は固めです。また酸味は関西系の梅は強く、関東以北の物は弱めです。

★白加賀 東北南部や関東地方を中心に栽培され、最もポピュラーな品種。やや大き目の中粒で梅干しに向きます。

★甲州最小 大きさは普通の梅干しの種位で、小梅の代表品種。小粒ながら形が良く淡緑色をしています。小梅のカリカリ漬けに最適です。

★豊後 杏との交雑種で粒が大きいのが特徴。東北から九州の広い地域で栽培されています。

★南高 和歌山県の南部梅林で、栽培されています。鉱山脈からなる、この地方の土質が梅の栽培に適している。果肉は厚く、粒もやや大き目です。

★古城 和歌山県で多く栽培されている。肉厚で種が小さく、青梅の一級品として人気があります。梅酒作りに最適です。

★長束 愛知県に多い品種。梅干し用として広く利用されている。

★藤五郎 北陸地方の品種。大きさは中粒で、どちらかと言えば梅干し向きです。

★養老 福島・群馬・岩手に多く栽培されるやや大きな梅。梅干しに利用。
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ おつけものでおいしいクッキング
おすすめレシピ 自分で作れるお漬物の素はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.