HOME > おつけものまめ知識 > 梅についてのあれこれ
まめ知識メニュー
梅についてのあれこれ
梅とは・・・

中国江南地方の原産。温暖で湿度の高い気候に適し、日本には古墳時代に入ってきました。
日本を代表する植物で、日本人の生活文化に深く根ざしてきました。花をめで、香りを楽しみ、その実が薬や食品として役立つ極めて有益な植物です。平安時代には梅を「むめ」と詠むこともありましたが、これは、「うめ」の響きをよりやわらかくしたものです。
落葉の小高木で葉は卵円形、有柄で互生し、花は早春、葉の先に白または紅色の五弁花を咲かせ、佳香を放ちます。梅雨時に球形果実が熟し、橙黄色になり、果肉には強い酸味があります。



成分と薬効

疲労回復から若返りホルモンまで含む有益果実
クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、ピクリン酸などの有機酸に加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラルと、カロテン、ビタミンB1、B2、C、Eを含んでいます。
クエン酸は疲労物質である乳酸の生成を抑え老廃物を体内に残さないはたらきがあり、疲労の回復、肩こりや筋肉痛の防止、神経疲労の予防、肝臓病の改善に有効です。さらに、カルシウムなど水に溶けにくく吸収率の低いミネラル成分を水溶性に変え、吸収率をアップさせるはたらき(キレート作用)もあります。
ピクリン酸は肝機能を活性化させ、血管の老化を防ぎ、ウィルスやがん細胞を取り込んで消化するマクロファージを活性化させるといわれています。

また、梅干を見ると思わず唾液が出ますが、最近、この唾液の中に消化酵素であるアミラーゼ、若返りのホルモンであるパロチンが大量に含まれることがわかっており、唾液の分泌を盛んにさせることによってこれらの効果を引き出しているそうです。

梅の基本的な効能としては、ブドウ球菌や、真菌に対する強い抗菌性が知られています。胃腸の機能低下と昴進の両面を調整し、とくに慢性の下痢、胸焼け、食欲不振に有効に働きます。また、近年大きな社会問題になったO-157による食中毒は記憶に新しいところですが、梅のpHは梅干で2.0、梅肉エキスでは1.4と、O-157斤が耐えられる酸度pH2.5を大きく上まっています。昔から「梅は、三毒(食物の毒・水の毒・血の毒)を断ち、その日の難を逃れる」といわれてきたゆえんでもあります。

青梅には軽い中毒症状を起こす青酸配多糖体が含まれています。特に種子の仁に多く、「梅を食うとも核食うな」という言い伝えは科学的にも根拠がることがわかっています。

青梅を40℃で7日間焙乾し、さらに黒くなるまでふたをかぶせて加温し、黒褐色にしたものを和漢薬では烏梅(うばい)といいます。梅の強い抗菌力と整腸作用は、駆虫、慢性の下痢、急性の腹痛、嘔吐などに効果があるとされています。また、のどの渇き、咳にも有効です。



性・味

温性で酸っぱく、無毒。


クエン酸サイクル

体内の中で食べ物はぶどう糖に変わり、さらに、酵素とビタミン(主にビタミンB群)、酢によって燃焼(酸化)されエネルギーになります。このエネルギーの燃焼過程に作用する酢はクエン酸をはじめとした8種類に変化し、再びクエン酸に戻るというクエン酸サイクルを形成しています。クエン酸サイクルは、体液を弱アルカリ性に保ち、老廃物体内に残さないための大切な機能です。
このサイクルを順調に機能させるためには、必須栄養素、とくにビタミンB群の摂取を心掛け、その上でクエン酸を補給することが大切です。


(北日本新聞社 薬になって役立つ野菜 参照)
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ おつけものでおいしいクッキング
おすすめレシピ 自分で作れるお漬物の素はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.