腸まで届く生きた乳酸菌1億個入り(小袋20gあたり※製造時含有量)

毎日発酵生活

乳

aaa

aaa

入り

浅漬けの素

優しい酸味のあっさり塩味

なすびくんじわぁっと発酵

ダイコンくん色んな野菜が漬けられるよ

あかかぶくん生きて腸まで届く乳酸菌入りだよ

パプリカくんどんな漬物が好き?

はくさいくん菌って食べても大丈夫なの?

きゅうりさん使い方は簡単!

にんじんさん

乳酸菌入り浅漬けの素 優しい酸味のあっさり塩味|毎日発酵生活♪

  • じわぁっと発酵
  • 色んな野菜が漬けられるよ
  • 生きて腸まで届く乳酸菌入りだよ
  • どんな漬物が好き?
  • 菌って食べても大丈夫なの?
  • 使い方は簡単!
  • 乳酸菌入り浅漬けの素

    乳酸菌入り浅漬けの素

    • 腸まで届く生きた乳酸菌1億個入り。
    • お漬物と一緒に生きた乳酸菌(有胞子性乳酸菌)が摂取できます。
    • やさしい酸味のあっさり味。
    • 漬け込む時間によって、風味の違いを楽しんでください。

    楽天で購入

    Amazonで購入

  • 乳酸菌入りゆず漬けの素

    乳酸菌入りゆず漬けの素

    • 腸まで届く生きた乳酸菌1億個入り。
    • お漬物と一緒に生きた乳酸菌(有胞子性乳酸菌)が摂取できます。
    • 国産ゆず皮入り。
    • 漬け込む時間によって、風味の違いを楽しんでください。

    楽天で購入

じわぁっと発酵

漬け込み時間の差で、サラダ感覚から発酵漬物までお楽しみいただけます!

漬け込み時間の差で、サラダ感覚から発酵漬物までお楽しみいただけます!

常温流通でも死滅しない乳酸菌を使い、酸味を効かせた配合にしてありますので、
漬け込み時間によって風味の違いをお楽しみいただけます。

  • 乳酸菌浅漬けの素
  • 乳酸菌ゆず漬けの素
  • サラダ感覚:もみこんで10分|あっさり:冷蔵庫で一晩|じわぁっと発酵:冷蔵庫で3〜5日

  • ドレッシング感覚:ふりかけるだけで|浅漬け風:もみこんで30分|しっかり漬け込み:冷蔵庫で一晩
    長い時間漬け込むとゆずの香りがなくなってしまうので、一晩を目安に漬け込んでね♪

お箸

色んな野菜が漬けられるよ

こんな野菜が漬物に向いているよ、こうすると漬けられるよ。

こんな野菜が漬物に向いているよ、こうすると漬けられるよ。

基本的にどんなお野菜でも漬けることができます!

  • そのままで!
  • 皮をむいて!
  • 切り込みを入れて!
  • 茹でてから!

生きて腸まで届く乳酸菌入りだよ。

生きて腸まで届く乳酸菌「有胞子性乳酸菌」

生きて腸まで届く乳酸菌「有胞子性乳酸菌」

乳酸菌はふつう胃酸に弱く、胃の中で死滅します。植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べ、胃酸や熱などに対する耐久性にすぐれています。本製品の有胞子性乳酸菌は酸素が有っても無くても問題なく生長する通性嫌気性細菌で、通常の植物性乳酸菌よりも腸まで到着する生菌の割合が高いものを使用しています。
ヒトや動物に対して、乳酸菌として共通の「抗菌作用」や「整腸作用」、「血清コレステロールの低下」「免疫力活性」などの効果が期待できます。

aaa

どんな漬物が好き?

昔ながらのおばぁちゃんが漬けたような漬物

昔ながらのおばぁちゃんが漬けたような漬物

田舎のおふくろの漬物が食べたいなぁ。漬ける場所も時間も道具もないし…。

お義母さんの漬物にはかなわないわ。やっぱり野菜は自分で選んで手作りがいいわ。

漬物を樽で漬けるのは体力仕事。10kgの重石なんてとても…漬物のない食卓なんて寂しいわ。毎日ちょっとずつ食べたいのに。

美容と健康のために良いって言う「菌活」を日常の生活の中に取り入れたい!手作りしてみたいけど、ズボラな私は毎日ぬか床混ぜるなんて無理だなぁ…。

菌って食べても大丈夫なの??

日本食は発酵食品の宝庫!

日本食は発酵食品の宝庫!

美肌効果や整腸作用、さらにはアンチエイジングにも良いと言われる発酵食品。とくに日本発の発酵食品は身近にあって手に入れやすいものばかりです。
日本発の発酵食品は調味料である醤油、味噌、お酢をはじめ、漬物(ぬか漬けや古漬け)や納豆、などの副菜もあります。これらは毎日の食事で簡単に摂れるものばかりです。一般的な和定食などにはこれらの発酵食品が必ずと言っていいほど入っていますよね。

「菌」って実は健康食品!?「菌」が美容・健康に大活躍!

「菌」って実は健康食品!?「菌」が美容・健康に大活躍!

私たち人間の腸内には、100〜600種類で合計100兆くらいの常在菌が存在すると言われています。その菌の働きを良くするためにも菌食は大変有効です。
腸内の善玉菌が増えることで、腸の働きがスムーズになりデトックスすることができます。そして、腸がキレイになることで、栄養の吸収がスムーズになり、代謝が良くなり、肌にも栄養が行き渡ることで、健康的な美肌を目指せると言うわけなのです。

菌の種類

使い方は簡単!

基本的な着け方、色々な野菜の漬け方をご紹介!

基本的な着け方、色々な野菜の漬け方をご紹介!

  • 乳酸菌浅漬けの素
  • 乳酸菌ゆず漬けの素
  • 基本レシピ
    基本のレシピは、
    刻んでそのまま漬けるだけ!
    • 1.野菜を切る 野菜300〜400gをよく水洗いし食べやすい大きさに刻んでポリ袋に入れます。
    • 2.素を混ぜる 本品小袋1袋を加えて袋の上からよくもみます。
    • 3.冷蔵庫で漬ける ポリ袋の空気を抜いて封をし、冷蔵庫で半日から一日漬け込みます。
    • 4.できあがり! 水気を軽く絞ってお早めにお召しあがりください。
    • きゅうり

      きゅうり

      斜め切りにして漬け込んでください。

    • だいこん

      だいこん

      皮をむいていちょう切りにして漬け込んでください。

    • にんじん

      にんじん

      皮をむいて短冊もしくは拍子木切りにして漬け込んでください。

    • 白菜

      白菜

      食べやすい大きさに刻んで漬け込んでください。

    • パプリカ

      パプリカ

      食べやすい大きさに切って漬け込んでください。

    差し水レシピ
    水がでにくかったり、苦みのある野菜は差し水するとおいしくなります。

    差し水の分量の目安|野菜300gに対して、差し水50〜100mL

    差し水の分量の目安|野菜300gに対して、差し水50〜100mL

    • キャベツ・紫キャベツ

      キャベツ・紫キャベツ

      一口大に刻んで漬け込んでください。

    • ミニトマト

      ミニトマト

      ヘタを取って十字に切り込みを入れて漬け込んでください。

    • なす(小なす)

      なす(小なす)

      大きいなすはヘタをとって半分に割って漬け込んでください。小なすはそのままでもかまいません。

    • ラディッシュ

      ラディッシュ

      大きい場合は半分に割って、小さい場合はそのまま漬け込んでください。

    • ミョウガ

      ミョウガ

      縦半分に切って漬け込んでください。

    下茹でレシピ
    でんぷん質の多い野菜や硬い野菜はさっと茹でて、あら熱をとってから漬けます。
    • ブロッコリー

      ブロッコリー

      小房に分けてかために下茹でしてから漬け込んでください。

    • もやし

      もやし

      さっと茹でてから漬け込んでください。

    • レンコン

      レンコン

      薄い輪切りにしてかために下茹でをしてから漬け込んでください。
      ※茹でるときに酢を入れると変色しません。

    • エリンギ

      エリンギ

      薄く切ってしてさっと茹でてから漬け込んでください。

    • しめじ

      しめじ

      石づきを切り落とし、小房に分けてさっと茹でてから漬け込んでください。

  • 基本レシピ
    基本のレシピは、
    刻んでそのまま漬けるだけ!
    • 1.野菜を切る 野菜200gをよく水洗いし食べやすい大きさに刻んでポリ袋に入れます。
    • 2.素を混ぜる 本品小袋1袋を加えて袋の上からよくもみます。
    • 3.冷蔵庫で漬ける ポリ袋の空気を抜いて封をし、冷蔵庫で30分から半日漬け込みます。
    • 4.できあがり! 水気を軽く絞ってお早めにお召しあがりください。
    • きゅうり

      きゅうり

      斜め切りにして漬け込んでください。

    • だいこん

      だいこん

      皮をむいていちょう切りにして漬け込んでください。

    • にんじん

      にんじん

      皮をむいて短冊もしくは拍子木切りにして漬け込んでください。

    • 白菜

      白菜

      食べやすい大きさに刻んで漬け込んでください。

    • パプリカ

      パプリカ

      食べやすい大きさに切って漬け込んでください。

    差し水レシピ
    水がでにくかったり、苦みのある野菜は差し水するとおいしくなります。

    差し水の分量の目安|野菜200gに対して、差し水50mL

    差し水の分量の目安|野菜200gに対して、差し水50mL

    • キャベツ・紫キャベツ

      キャベツ・紫キャベツ

      一口大に刻んで漬け込んでください。

    • ミニトマト

      ミニトマト

      ヘタを取って十字に切り込みを入れて漬け込んでください。

    • なす(小なす)

      なす(小なす)

      大きいなすはヘタをとって半分に割って漬け込んでください。小なすはそのままでもかまいません。

    • ラディッシュ

      ラディッシュ

      大きい場合は半分に割って、小さい場合はそのまま漬け込んでください。

    • ミョウガ

      ミョウガ

      縦半分に切って漬け込んでください。

    下茹でレシピ
    でんぷん質の多い野菜や硬い野菜はさっと茹でて、あら熱をとってから漬けます。
    • ブロッコリー

      ブロッコリー

      小房に分けてかために下茹でしてから漬け込んでください。

    • もやし

      もやし

      さっと茹でてから漬け込んでください。

    • レンコン

      レンコン

      薄い輪切りにしてかために下茹でをしてから漬け込んでください。
      ※茹でるときに酢を入れると変色しません。

    • エリンギ

      エリンギ

      薄く切ってしてさっと茹でてから漬け込んでください。

    • しめじ

      しめじ

      石づきを切り落とし、小房に分けてさっと茹でてから漬け込んでください。